188betで遊んで資金が貯まってきたら出金したいですよね。

188betでは、出金方法は主に2種類あります。

また、最低出金額もあり、登録したときのアカウントを円かドルにしたかによっても変わってきます。

こちらの記事では、188betの2種類の出金方法と最低出金額・最大出金額をご説明しています。

良ければ参考にしてみてください。

 

188betの出金方法

188betの出金方法は、銀行振込とエコペイズとアストロペイの3つがあります。

クレジットカードの出金はできませんので、上記の3つの中でご自身にあうものを選んで出金してください。

出金するには、いくつかの書類が必要になってきます。

書類を提出してから3日ほどかかることがあるので、早めに登録しておくと良いですね。

 

出金するときの書類

出金するときに本人確認の書類と取引証明が確認出来るものを提出することになります。

それでは、どのような書類がいるのかをまとめてみました。

提出するのは、自分の証明写真と、氏名・誕生日・住所が分かる書類が必要です。

本人確認の書類
  • マイナンバーカード(表面と裏面のコピー)
  • 運転免許証(表面と裏面のコピー)
  •  パスポート
  • 雇用者証明カード(表面と裏面のコピー)
  •  政府/政府機関/組織により発行された他の証明カード(表面と裏面のコピー)

住所証明の書類も提出します。

住所証明は、3ヶ月以内の日付で、名前と住所が記載されている明細を送付します。

住所証明の書類
  • 公共明細。水道・電気・ガスなどの明細。(携帯電話の明細は不可)
  • 本人名義の銀行から発行された明細かクレジットカードの明細。
  • 地方税明細(住民税、固定資産税、自動車税など)
  • 住宅ローンの明細(取引先が分かるもの)

また、入出金の取引証明の書類も必要です。

氏名とアカウント、カード番号やメールアドレスなどで入出金の取引にしようしたことが分かるものを送付します。

取引証明の書類
  • クレジットカードとクレジットカード明細が3ヶ月以内のもの
  • 銀行明細が3ヶ月以内のもの
  • オンラインバンキング詳細のフルスクリーンショット画像にURLアドレスバーが含まれたもの
  • エコペイズなどの電子決済サービスの詳細のフルスクリーンショット画像にURLアドレスバーが含まれたもの

送付には、書類の端も写っている鮮明な写真やURLも含む全面のスクリーンショット、はっきりと内容が確認出来るスキャナーでの画像などを188betに提出します。

見えにくい画像などは、やり直しになることがあるので、上手く撮って提出してください。

提出するところは188betの「プロフィール確認」ページにあるアップロード機能に添付すれば良いです。

上手くアップロード出来ないときなどは、188BETで登録されたメールアドレスを使って、KYC@188Service.com .に添付して送信しても良いです。

本人確認の書類は、写真に撮るか、スキャナでコピーして、内容がはっきりと分かるようにしなければ受け付けてくれません。

もし確認できなければ何度かやり直すことになりますので、気をつけてくださいね。

出金の支払い方法と最低・最大出金額は?

188betの出金する方法は、登録時にセッテングした通貨によっても少し変わってきます。

  • 円アカウント・・エコペイズ、国内銀行送金、アストロペイ
  • ドルアカウント・・エコペイズ、国際銀行送金、アストロペイ

 

また、最低出金額、最大出金額、手続きにかかる時間、手数料は次のようになっています。

入出金を円で選択した場合の最低出金額や最大出金額は。

円アカウント

最低出金額 最大出金額 手数料 時間
エコペイズ 1,000円 600万円 無料 2~数時間
銀行送金 1,000円 10万円 無料 2~数時間
アストロペイ 1,000円 500万円 無料 2~数時間

入出金をドルで選択した場合は。

ドルアカウント

最低出金額 最大出金額 手数料 時間
エコペイズ 10ドル 5万ドル 無料 2 時間
海外送金 150ドル 25万ドル 25ドル 5 ~10 営業日
アストロペイ 10ドル 5,000ドル 無料 2 時間

 

188betに関しては、日本円でアカウントを作ったほうが便利なのかもしれません。